瀬戸岡獅子舞 ~あきる野に伝わる郷土芸能~

10:20~11:00
横山町公園ステージ

演目 ・豊年神楽の舞・花掛り・寿の舞 

瀬戸岡獅子舞保存会
瀬戸岡獅子舞の創設は不詳ですが、あきる野市草花の大行寺の古文書の中に300年以上前の江戸時代中期に獅子舞が行われていたことが記されています。獅子舞の間に演じられる棒術は、江戸時代末、あの新選組で有名な「天然理心流」という流派の棒術で、あきる野市尾崎に道場を開いていた大西政十が伝授したと伝えられています。現在は、あきる野市立多西小学校伝統文化理解教育時業への協力を始めとし、あきる野市を中心に活動中です。

戻る